MACL


部門紹介


研究開発部  香料開発  基礎研究  分析  技術開発  応用開発  商品管理

原点は自然。人と暮らしとの関係を探りながら進める香り創り。

香りとは形がなく感覚的なものであり、私たちの生活の中に常に存在し、心を癒す力や食べ物のおいしさを引き出す力を持っています。その香りを創り出し、香りの魅力を最大限に活かすことが研究開発部の仕事です。

香料開発

分析されたデータに基づいて調合するだけでなく、開発者のこれまでの経験や感性を活かして、より魅力的でお客様の要望にあった香りを創っています。個性が活かされる仕事なので、簡単には真似できません。まるで、キャンパスのない空間に絵を描くアーティストのようです。
データと感性を組み合わせてこれまでにない香料を創ることが、香料開発の仕事です。

応用試作

香料開発で開発された香料を、応用試作のアプリケーション技術により、具体的に飲料や食品として形づくり、お客様の求めるものに近づけていきます。こうしてお客様に、当社の香料の特徴を伝えやすくし、かつ、香料を実際に使ったときの飲料や食品の香味を実感していただくことができます。
食品香料は人の口に入るものですから、香りを味とともに形として表現することも重要なことなのです。

商品管理

お客様や他部署からの問い合わせに素早く対応するため、香料一つひとつの細かいデータや多くの商品情報を管理しています。また、研究開発部とお客様を直接つなぐ重要な役割を担っています。



製造部  製造オペレーション  液体香料製造  粉末香料製造

ピュアな香りを伝えたい。心に刻まれる製品づくりへ。

香料は人の感覚で評価されるので、製造の過程でも決められた製造条件だけでなく、
人の感覚によって判断する場合が多くあります。これが香料製造の難しいところであり、
また奥深く、興味が尽きないところです。工場のある秩父は水が豊富でおいしく、
原料として沢山の水を使う香料の製造には最適な場所です。また、秩父の固い地盤のおかげで、
地震などの自然災害も受けにくく、製品を安定的に供給できる立地です。

香料製造

調達した原料を加工して香料を製造します。
製造にはエッセンス調合を主体とする「液体香料製造」と、
スプレードライヤー加工を主体とする「粉末香料製造」の2つのセクションがあり、
生産にはそれぞれ高度な技術と経験を必要とします。
各セクションでは多品種少量生産にも臨機応変に対応しています。
また、品質、食品安全についても厳格に管理しています。




品質保証部  品質検査  品質管理  衛生管理  情報提供

香料は繊細。高品質の香りを維持するために。

当社の香料の多くは食品に使用されるので、製品の安定した高い品質とともに、製造現場の衛生管理等が要求されます。品質保証部では、原料や製品の様々な物性検査を厳密に行い、さらに、人間の嗅覚や味覚による官能検査でもチェックを重ねます。それらすべての検査をパスした製品のみがお客様の元へと送り出されます。
また、製品規格書の作成をはじめとして、製品に関わる情報の提供なども品質保証部の仕事です。



営業部  お客様サービス  企画・提案・販売

お客様に喜んでいただく、それは豊かな人づくりから。

商品力だけでは仕事は広がりません。提供した商品でお客様に喜んでいただけるのも、「人」を中心にした営業活動を実践しているからにほかなりません。
営業部は、お客様である食品メーカーへの香料販売や新商品の提供を行いますが、常にお客様の視点に立った商品販売を心掛けています。そして、お客様からいただいた要望はすぐ研究開発にフィードバックし、新しい香り創りに活かされています。
商品の移り変わりは速いので常にマーケットの変化を把握し、お客様への情報提供も欠かせません。

ページのトップへ戻る